エイトスター未来療法士ロゴ

未来療法士Facebook
松本真理子公式ブログ

夢からのメッセージ〜魂の作戦タイム〜

 

 

今日もお越しいただきありがとうございます。

 

ブログランキングのポチ応援やメッセージも、

本当にありがとうございます。

 

ブログを書く励みになっています。

 

 

IMG_3885

 

今日は夢の話をしたいと思います。

 

 

 

その日はクリスマス・25日・・・。

 

まさに自分の声で目が覚めた朝でした。

 

 

夢で財布が入ったカバンを盗まれたのです。

 

 

どこかに出張していたわたしは、

 

講座を終え(設定がリアル😅)、

 

建物から外に出る時、

 

下駄箱にあるわたしの靴を知人が取り、

玄関の土間に置いてくれました。

 

安心して靴を履き見上げると、

 

カバンを持ち、その知人は逃走していました。

 

 

『あ‼️カバンを盗まれた‼️』

 

 

すぐに走って追いかけましたが、

 

すでに知人は、高いフェンスの向こうにいて、

 

カバンを高く上げて、

わたしに勝ち誇ったかのようにして

そのカバンを見せました。

 

 

カバンは昨日まで実際に使っていた物で、

 

それはもうありありと映画を見るように鮮明でした。

 

 

 

『返せー待てー‼️』

 

 

 

自分の大声で目を覚ますと、

 

脂汗がびっしょり出ていました。

 

 

あまりにリアルだったので、

わたしはすぐにカバンが気になりました。

 

 

なんと、いつも置いてある所にカバンはありません。

 

一階、二階と探す場所を広げましたが見つかりません。

 

自宅のどこにも無いのです。

 

 

まさに正夢・・・・・

どこかに置き忘れたのだろうか。

 

この時は本当に焦りましたね。

カバンには大切な物がたくさん入っています。

 

 

昨日の自分の行動を改めて想起し、

 

車に行って見ると・・・・

 

 

ありました‼️

 

 

車の中にカバンがあったのです。

 

一晩、カバンと財布を

車中に置きっぱなしにしていたわけです。

 

誰かに盗まれていてもおかしくない状況・・・。

 

 

夢がまさにわたしに注意喚起を与えてくれたのでした。

 

 

IMG_7949

 

 

睡眠中は、わたし達の

感覚器官を通じて感ずる外からの刺激や情報、

 

いわゆる五感は眠りにつきます。

 

そして、

潜在意識という内なる知恵は、

睡眠中に目を覚まします。

 

 

潜在意識は時間を超越していますから、

 

夢は、未来も過去も見て、

それに応じたメッセージを与えてくれるのです。

 

 

ですから、

わたし達が眠る・・・ということは、

 

潜在意識という内なる知恵と

静かに交流するということなのです。

 

 

眠りながら潜在意識は整います。

 

 

『睡眠は魂の作戦タイム』

 

 

よく眠れるということは素晴らしいことですね。

 

 

さて、夢でわたしのカバンを奪うという

 

ある意味悪役を引き受けてくれた知人・・・。

 

 

バッチリ顔を見ちゃったな(汗)

 

 

どうか現実にそれが起きませんように・・・。

 

 

今日はその知人に愛を流そう。

 

 

想いはきっと届く‼️

 

潜在意識下では、みんな繋がっているからね。

 

 

IMG_1300

 

こちらでも繋がりましょう‼️

無料メルマガご登録  

   ↓  ↓  ↓

〜あなたに毎朝7時に贈る光透波(言の葉)〜

『高次元未来からの光のメッセージ』

エイトスター未来療法士®松本真理子の

ソウルメイトレター

 http://www.mag2.com/m/0001665874.html

 

 ランキングに参加しています。

一日一回、矢印下の四角い印を

クリックしていただくと

宇宙から癒しのエネルギーが流れます。

今日も応援ありがとうございます😃

 ↓ ↓ ↓

↑ 登録(無料)メルマガはこちらから
メルマガ*高次元未来からの光のメッセージ
エイトスター未来療法士®松本真理子のソウルメイトレター

↑ また、リーディングブレスレットに関する情報も随時更新中です!

ヒーリングプレイス*World of the Green 代表
潜在意識心理療法のスペシャリスト
エイトスター未来療法士®
精神保健福祉士
コスミックガイド松本真理子

World.of.the.Green.Copyright (c) World.of.the.Green All rights reserved

カテゴリー
アーカイブ
ページトップへ