エイトスター未来療法士ロゴ

未来療法士Facebook
松本真理子公式ブログ

「それ」を身につけるのはやめましょう(°▽°)

 

 

 

先ほど、

「神様のお使い」⇒☆☆☆ について書きましたが、

 

 

 さて今回はその真逆のお話iconseticonseticonset

 

 

 魔界と繋がってしまうモチーフについてお話しましょう‼️

 

 

 

実はこの話、2年前のBlogで大反響だった記事iconset

 

 

満を持して再アップです‼️

 

 

 

 

 

:(;゙゚’ω゚’):

 

 

 

 

 

ある会合の食事会で、

 

私は参加者の男性と、店内でスッとすれ違いました。

 

 

 

ボケーッとしていた私のおでこにある

 

第六感センサー・第三の目で、

 

 

突然ある物が見えてしまった(・Д・)

 

 (まるで不意打ち)

 

 

 

 

それは「ドクロ」です💀

 

 

 

 

 

(°▽°)(°▽°)(°▽°)

 

 

 

 

すれ違った男性と「ドクロ」は

 

まるで「一心同体」のような感じになっていて

 

 

「ドクロが憑いてます💀」状態でした。

 

 

 

見てしまった、見えてしまった(・Д・)

 

 

 

そのおどろおどろしい不気味さに

 

私はガクブル状態でしたΣ(゚д゚lll)

 

 

 

 

IMG_1606

 

 

実はその男性、

 

普段から顔色も悪く、

 

オーラも黒っぽく淀んでおりましたが、

 

 

見て見ぬ振りをしておりました😅

 

 

だって別に仕事じゃないし、友達じゃないし、触らぬ神に祟りなしだし

 

 

 

食事をしながら、聞こえてくる家の様子によると、

 

やはり、家のあちこちに

 

「ドクロ」を置いているとのこと(°▽°)

 

 

やっぱりね。

 

 

 

それだけでなく

 

「ドクロ」のアクセサリーや

 

「ドクロ」がプリントされた衣類、

 

ようするに「ドクロ」をコレクションしており

 

 

普段から💀を身にまとっているわけですよ!!

 

 

 

やっぱりね×2

 

 

 

 

同調波動により、

 

「ドクロ」が「ドクロ」を引き寄せたのだと思います。

 

 

※「ドクロ」はその昔、

 歴史上では儀式の象徴に使われたり、

 また16世紀英国では、ドクロの指輪には

 「訪れる死を自覚し今を生き、世のはかなさを認識する」

  という道徳的な意味合いがあったようです。

 

 

今でも「ドクロ」がついたスカルファッションは、

 

一部の人に根強い人気があるようですが、

 

 

「ドクロ」は

 

死や魔界・闇をイメージさせるモチーフです。

 

 

なにより魔界・闇は、陽やキラキラした光を嫌います。

 

 

 

けれど「ドクロ」は、子ども服にも、

 

よく取り入れられてるデザインですよね。Σ(゚д゚lll)

 

 

生命力に溢れてるとはいえ、

 

子どもに「ドクロ」を身につけることは

 

おやめくださいませ(;゙゚’ω゚’):

 

 

 

「ドクロ」に惹かれている人は、

 

 

正直申し上げて、

 

 

魔界と繋がってしまい、

 

💀に生気を吸われているような気がします💦

 

 

 

IMG_4662

 

 

人間はもともと七色の光を有しており、

 

美しく多彩な色は、

 

癒しやエネルギーとともに、

 

私達に新しい波動さえも与えてくれます。

 

 

 

どうせなら美しい色を身にまとい、

 

生命存分に輝かせ生きたいものですね✨

 

 

♡本日メルマガ発行しましたよ♡

無料メルマガはこちら☆☆☆

『高次元未来からの光のメッセージ』

エイトスター未来療法士®松本真理子のソウルメイトレター 

 

 

 

✨潜在意識心理療法・エイトスター未来療法士®HP⇒☆☆☆

✨お問い合わせ⇨☆☆☆

 

 

✨ランキングに参加しています✨
下の四角いマークをクリックいただけると嬉しいです。
いつも応援ありがとうございます✨感謝いたします✨

↑また、リーディングブレスレットに関する情報も随時更新中です!

ヒーリングプレイス*World of the Green 代表
潜在意識心理療法のスペシャリスト
エイトスター未来療法士®
精神保健福祉士
コスミックガイド松本真理子

World.of.the.Green.Copyright (c) World.of.the.Green All rights reserved

カテゴリー
アーカイブ
ページトップへ