エイトスター未来療法士ロゴ

未来療法士Facebook
松本真理子公式ブログ

コール オブ ザ ツリー

 今日もご訪問いただき、ありがとうございますiconset

 

コスミックガイド

北のマリア☆マリアヒーラー

松本真理子ですiconset

 

IMG_1668

 

今日はなんでも、

一生に一度しか見れない

171年ぶりのミラクルムーンとか・・・・

 

171年前と言えば、

1843年天保14年 徳川家慶将軍がいた江戸末期なんですね。

 

月も太陽も樹々も、

江戸時代よりも、もっと昔、

悠久の古から生命を成して存在しています。

 

これって凄いことだなーと思います。

 

人間をいつも見守り、そして共存して来た自然界の存在。

 

 

今日は、樹木のことをお伝えするようにと

メッセージがありましたので、お話ししようと思います。

 

IMG_8093

 

 実は樹木は、宇宙のアンテナの役目を果たしています。

 

 特に成熟した樹木は宇宙からの導管となって、

宇宙のエネルギーを地上へと流しています。

 

樹木の根は地上を這い、樹木は上へ伸び、

平和へのエネルギーを放っています。

 

また、樹木は、

悪い気を吸って、

そして良いエネルギーへと変換して放出するという、

地球上で清浄機のような役目も果たしてくれています。

 

 

そして、わたしが精霊に自動書記したメッセージで、

教えてもらったことは、

 

 樹木の、大地を這う根は、

 

地球の内部で張り巡らされており

 

全て繋がっているのだそうです。

 

 

「ワンネス・全てのものは一つに繋がっている」

 

 

樹木はわたし達すべての生命の本質である

 

ワンネスを保っているのです。

 

 

 本当に樹木は素晴らしいエネルギーを放っています。

 

少しつかれた時でも、樹木に触れると

 スーッとつかれを取ってくれて、浄化してくれます。

 

 

実は、木の精霊と交流する時には、

ちょっとしたコツが必要ですiconset

 

木の精霊と交流したり、

メッセージを受け取るコツを、

自身が開催するVison of the soul ヒーリング プログラムで

お伝えしています。

 

自然の中でのワークを大切にしていますので

樹木のワークは欠かせません。

今までの開催して来たVison of the soul ヒーリング プログラムでは、

神木や巨木などがある神社で

ワークを行ってきました。

 

来年1月開催を予定している

Vison of the soul ヒーリング プログラムでも

樹木のワークを行いますが、

どこで行うことになるか、今からとても楽しみにしています。

 

人間とすべての生きとし生けるものが

一つであることのシンボルとして樹木が在ることを

一人でも多くの人に、知ってもらえますように・・・・

 

今日もお読みいただきありがとうございました!

感謝しています。

北の国から愛を込めて・・・・

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 わたし達は、愛と平和を胸に、

人々の魂の道しるべとなって活動していただける

星の仲間iconsetを募集しています。

Vison of the soul ヒーリング プログラムの新規募集は、

来年1月東京を予定しています。

会場・日程が決まり次第、こちらでお伝えしていきます。

 

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

◎本当の自分を生きる覚醒プログラムはこちら

Vison of the soul ヒーリング プログラム

 

 ◎無限の可能性を開く時空を超えた魂の旅はこちら

未来療法士が行う多次元ヒプノセラピー

(12月からセッション開始)

 

◎FB ページ

未来療法士

定期的に配信しています!

iconset

 

 ランキングに参加していますiconset

 

お手数ですが

ポチッとクリックしていただけると、

とってもうれしいですiconset

 

 

皆様の温かい応援が励みになっています。

 

 

いつもありがとうございますiconseticonset

 

 ↓    ↓    ↓

↑また、リーディングブレスレットに関する情報も随時更新中です!

ヒーリングプレイス*World of the Green 代表
潜在意識心理療法のスペシャリスト
エイトスター未来療法士®
精神保健福祉士
コスミックガイド松本真理子

World.of.the.Green.Copyright (c) World.of.the.Green All rights reserved

カテゴリー
アーカイブ
ページトップへ